スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最期の日

2016.10.23 19:00|はっちゃん


「はっちゃん
明日になっても
食欲が戻らなかったら
あぶないかもしれません」

最期の日の
前日に
往診に来てもらって
担当医に
言われたとき


よしっ
飛びきっり
おいしいものを
用意するっ

意気込んで
猛ダッシュで
買い出しに行った


はじめて食べた時
うまうますぎて
びっくり顔した
ローソンの
プチチーズスフレ

ベビーダノンの
リンゴとニンジンの
ソースの部分

薬が嫌な時に
ふんぱつして
茹でた
和牛のスライス

ソテーして
そしゃくしてあげたら
それはそれは
よろこんだ
砂肝

ふかした
サツマイモ
ゆであずきは
こしあん


好きだったもの
思いつくもの
ありったけ
買い込んだけど

でも

なにひとつ

食べれなかったね


がっかりする
私を見て

ちゅーるを
ぺろりとなめて

わんわんカロリーを
ゴクゴク飲んだ

喜ぶ
私を見て


トテトテ歩いて
トイレのところまで
自力で行って

ふーんっ

がんばって

立派な
うんちょすをして

どうだぁーって
顔をした



思わず
笑って
抱きしめた

こんな時でも
どんな時でも

笑顔に
させてくれた

そんな
はっちゃん


僧房弁閉鎖不全
を患い

最期は
心臓の機能が落ちて
体中の浮腫が
ひどくなり
その膨れた体を
やさしく さすって
2日間
ずっと一緒に
過ごした

酸素のチューブを
口元にあてながら
前足を
なでて
うつらうつら

ふっと
目が覚めると
じっと
わたしを
見つめてた

何度も
なんども
手をにぎって

たくさん
話した

優しくて
おだやかで

幸せな気持ちで
いっぱいだった


ああ
もう
お迎えがくるんだね


だいじょうぶ
こわくないよ

いってらっしゃい



こんな
とびきりな
時間をくれて

はっちゃんは
静かに
旅立った。




あれから
1か月

はっちゃんのことを
聞かれても

最期まで
立派に
生き抜いたんですよ、と

なんだか
誇らしい気持ちで
返事をしてる


今の気持ちを
言葉にするなら

悲しい
でも

寂しい
でも

虚しい
でもなく



恋しい。


あの子のことだから
きっと

タッタカターっと
お空の国まで
走って行って

うわーおそら
たのしぃー
って
満喫しているに
違いない


それでいい。

それが、いい。


はっちゃん

「お空には、かわいい子が
たくさんおるでー」



はっちゃん
月命日は
数えないよ

あの日
あの時は
心に
深く刻んでおく

思い出すのは
はっちゃんが
私にくれた
たくさんの
はちゃけた日々
笑顔の記憶たち

そう。
どんな状況でも
平気なふりして
強く
明るく
歩むんだ


それが
わたしたちの
約束だから


スポンサーサイト

ペットロスのこと

2016.10.22 19:00|ペットロス

7年前の秋に
先代のチワワの
おはるばばちゃんが
お空に旅立ったとき

ペットロスに
陥りました

当時は
そのつもりは
なかったけれど

振り返ってみると
あれは
長い長い
ペットロス時間
だったなぁ
と感じます

お空に送った後に

おはるちゃんのことを
尋ねられて

話そうとすると

言葉が出なくて
嗚咽みたくなって
うまく
感情を
コントロール
できなくなったり

日常の
そこかしこに
ある
一緒に
過ごした時間が

心に
スイッチに
触れると

残像のように
よみがえってきて

涙がどっと
あふれてきたり

なかなか
あの時間から
抜け出せずに
いました

失う
ということ

心に

穴が
空いて

それを
うめることが
できずに

途方に
くれていた、

そんな
よわよわで
よぼよぼの
自分でした



おはるちゃんを
看取った時
私は
いずれ
必ず
訪れる
その瞬間を

受け入れる
旅立ちの
心の準備が
まったく
出来ておらず

まだまだ
一緒にいたい
そして
まだ
いてくれるだろう

そんな
期待と
へんな
自信が
ありました

最期の日も
午前中まで仕事で
すぐに帰宅せず
マックに寄ったり
西松屋に寄ったり

そうしたことを
後になって
深く
後悔し

なぜ
あの日
もっと
ずっと
一緒に
いて
あげなかったんだろう


後悔が
後悔を
呼んで

ずっと
後を引いて
しまいました

でも

時が
流れると

リアルに
よみがえってくる
悲しい
記憶が

だんだんと
薄められてきて

一緒にいて

幸せだった
満たされた

時間だけを

なぞることが
上手に
なっていく

そんな
気がしています




おはるちゃんは
くるくる歩きが
上手で


かぁちゃんの
腕の中
特等席に
いつもいて

P1000410 (2)

生きる
って
楽しいぞなもしぃ~
って
教えてくれた

愛に

満ちて
満たされた

時間を

ありがとう


一緒に
過ごした
時間は

永遠




繁殖犬として

2016.10.20 20:25|はっちゃん

はっちゃんは
その犬生の
半分以上を
繁殖犬
として
生きました

私の元に迎えた時
獣医さんは
その
歯や
体の状態から
おそらく
10歳は超えているだろうと。

はっちゃんと
お散歩していると
時々

「舌が出てて
かわいいー」
って
声をかけて
もらいましたが

もうすでに
歯もボロボロで
ほとんどなくて
だから
舌が
ぺろんと
出ちゃってたんだよね

今では
ときどき
テレビや雑誌でも
パピーミル
悪徳ブリーダーの
実態を
取り上げられるように
なってきましたが

はっちゃんを
レスキューしてくださった
保護団体の代表の方に
お話を伺って
現場の状況を
想像し

怒りに言葉を
失いました

1枚
はっちゃんのいた
環境の写真を
あげます


6a6bf8066826853e2eff08a4020e76c5.jpg


プラスチックのキャリーに
ネズミが大きな穴を
いくつも開けた痕があって

体の下半分
糞尿にまみれて
ドロドロで
ずっと
閉じ込められて
いたそうです

はじめは
200頭くらいいたのが
猛暑で半分以上死んでしまって
レスキューされたのは54頭
だったそうです


はっちゃんは
比較的
体の状態がよかったので
レスキューは
最後の3頭の中の
1頭でした


保護団体の皆さんに
本当に
頭が下がる思いです

そして
はっちゃん

よく
生き抜いたね。


こんな環境にいても
人間嫌いに
なることもなく

我が家にきて
毎日毎日
ただ
まっすぐに

生きるって
楽しい

愛してもらうって
嬉しい


言ってくれました

2011614.jpg

我が家にきて
2日目の写真

あんまりにも
まっすぐで
はっちゃけてるから

はっちゃん

そう
名付けたのでした



はっちゃんとの出会い

2016.10.19 20:20|はっちゃん

はっちゃんとの
出会いは
2011年になります

あの震災の後に
私にも
なにかできることは…と

でも
取り合えず
ネットでいろいろ
検索するくらいしか
できずにいる日々

でも、ふと
保護団体の方のサイトに
目が留まったのです


あるブリーダー崩壊の現場から
3月初めにレスキューが始まったものの
震災後
関東地方でも
大きな余震や交通規制
計画停電や流通の混乱があって
予定通りに保護できず
約半分のわんちゃんたちが
まだ現場に残されたままだと。

なんだか
衝動にかられて
その団体の方に
連絡を取ってみたのでした

現場に行く気
満々だったのですが
やんわりと断られ

その後
少しずつ
現場から
残された
わんちゃんを
引き取っていると
知らせがあり

今日はこんな
わんちゃんを、と
写真を送ってくれたのでした

メールに添付された
写真を開いたとき
しばし
瞬きをし
さらに
じっと
見つめたことを
今でも
覚えています

2009年に
空に帰っていった
チワワの
おはるばばちゃんに
それは
それは
そっくりな子でした

おはるちゃん
おはるちゃん

はっちゃん
はっちゃん

団体さんの里親会の
お手伝いに何度か参加して
2011年6月に
我が家に
やってきたのでした

もう
10歳は
越えているであろう
年でした

お迎えに行った日
撮ってくださった写真

今思うと
二人で
おさまってる
写真って
なかったね

貴重な1枚


はっちゃんとの出会い

ようこそ
はっちゃん


金曜日は花を買いに

2016.10.14 11:25|日常

朝、まさろんと
家の周りを
ゆっくり歩いて
いたら

後ろから
声を掛けられた

「何歳なんですか?」

振り向くと
優しいまなざしで
まろさんのこと
見ててくれる
若いママさん

「いつも抱っこしてる
チワワちゃんは
今日は?」



はっちゃん
抱っこして
みんな一緒に
歩いていたの
見ててくれたんだなぁ

ちょうど 
3週間前に
お空に
帰っていったんですよー


はっちゃんの
ことを
聞かれたときは

心の底を
ぐんっと
あげるような気持ちで

暗くならないように
平然を装って
答える

まだ
何かの拍子に
不用意に

声が
震えたり
涙が
こみあげたり
することがあるから

ちょっとだけ

心に
ぐっと
チカラを
入れる


明るく
伝えたつもり
だったけど


ママさんの
瞳に
みるみる
涙があふれそうに
なって

ちょっと
あわてた


「いつも抱っこされてましたよね
うちにもチワワいるので
大切にしなくちゃって思って…」


ああ、
すごく
嬉しい

はっちゃんのこと
見てくれてて
覚えててくれて

こんなに こんなに
嬉しいことはない

なにより
ご自分の
わんちゃんのことを
さらに
大事にしようと
思ってくれる
きっかけに
なれたなんて




覚えてくださって
ありがとうございます。



こんなに
純粋な涙を
浮かべる
心優しい人に
会えて

朝から
空にむかって
とびっきりな
笑顔で
報告したい気持ち


ありがとう




今日は
隣の駅の
花屋まで
歩くんだ


空の国ことを
想って

どの彩にしようか
どの花にしようか

ひとつひとつ
花をえらぶ

そんな
特別な時間を
私にくれて
ありがとうと
想う


さぁ、
今日は
花を買いに。


薬に悩む

2016.10.13 20:18|体調管理


動物病院で
先月から
飲んでる
抗てんかん薬
エクゼグラン
について
相談してきました

まろさん
特異体質で

薬に対する
アレルギーが
あるのです


ここ数日
なんだか
すんごい
耳や口元を
痒がるので

ちょっと
心配

これは
ひょっとして
薬アレルギーなのでは?


担当医曰く
1か月近くも
飲んで大丈夫だったら
薬の影響では
ではないだろうと



食べ物かな?
散歩で
草とかに
かぶれた?

でも
痒がるのは
いつも
ごはんの後


薬は
ごはんの時に
一緒にあげていて

やっぱり
薬なのでは
...



丸一日
薬をあげなかったら

アレルギー反安は

なし。




先生とも
相談して
しばし
薬はお休みをして
様子を見ることに


もちろん
抗てんかん薬は
予防薬で
飲み続けなければ

また
全身発作が出しまう
可能性もあるので

慎重に
体調の変化を
見守らなければ。


今更のようですが
アレルギー検査を
お願いしてきました

はたまた
結果はいかに。






山形の梨
いただきました

秋の初物
ありがたい



まろにも!?


ええ、はい
どう




って
はやっ




いいよ
いいよ

元気で
長生きしておくれ

って
聞いてる?



もっと くでー




習慣

2016.10.09 18:52|つぶやき

まろさんとの
二人暮らしの生活が
はじまって

2週間が
過ぎ

はっちゃんに
新しい
お線香

ミルキー線香
ミルキーのミニ寸線香

牛乳が大好きで
あんまりにも
おいしくて
いっしょけんめ
飲むので
舌が
青くなって
チアノーゼで
倒れてしまうことも
多くて
私を
びびらせた
はっちゃん



このミルクの
香り
喜んで
くれてるかな



長い間
はっちゃんは
たくさんの薬を
飲んでいて

その一つに
利尿剤が
あって

その影響で
多飲多尿で

夜中も
2時間おきくらいに
起きて

ちっちしたり
水飲んだり

忙しかった

立てなくなるまで
ちゃんと
トイレシーツの
ところまで
トコトコ
行って

えらかったな



隣で寝ていた
私も

深く
眠る
ということが
ずっとなくて

いつも
気にかけて

一緒に
とことこ
トイレまで
シーツを
とりかえ
お水を
とりかえ

だから
はっちゃんが
いなくなってからも


はっ


何度も
起きてしまう
ことを

くりかえしていて

習慣って
すごいなぁ

実感する日々
だった


でも
2週間を過ぎて

朝まで
目を覚まさずに
ぐっすり
眠れたとき

うわぁ
すんごく
寝ちゃた

なんだか
慌てた気分で
起きたりして





感情の波は
まろさんに
影響してしまうと
思って

あの日以来

家では
泣かない。

でも
数日前に

近所の
スーパーに
行った時


どどどっ


涙が
あふれきて

止まらなくなって

ちょっと
困った



ここに
買い物に
来るときは

いつも

はっちゃん
今日は
なに
食べてくれるかな

これなら
いいかな、

これ
好きかな、

これ
うまうましよっかな、


いつも
いっつも

考えながら
店内を
うろついてた


商品を
手に取って

これ
好きだった。

これ
うまうましてくれた。

思い浮かぶ
言葉が
みんな
過去形に
なってく。




ああ

もう


いないんだ



喪失感に
負けそうで
急いで
外にでて


雨降りの中
歩いた。

傘に
かくれて

こんなときは

泣いてしまえっ。


大丈夫

まろさんが
迎えてくれる

玄関までには
泣き止むから


もうちょっとだけね




ゆっくりの理由

2016.10.04 20:52|てんかん

まろさんと
歩いていたら

庭師の人に

「よちよちだねー」

って声をかけられた


よかったー

よたよた

とか

よぼよぼ


なくて

1字違うだけで
えらく
違うもんだ




ゆっくり
ゆっくり
歩いてるのには

理由があって


maro20161004.jpg

まろさんの
リードには
黄色のリボンを
つけてます


イエロー ドッグ プロジェクト
「そっとしておいて欲しい犬」
なのです

001l.jpg



まろさんは

今年の8月に
てんかんの全身発作を
2回起こし

検査の結果

特発性てんかん

であると
診断されました


抗てんかん薬を
服用していますが

その後も
部分発作が
顔や首、足などに
出てしまっています

興奮したり
刺激したり
すると

かくかく
ガクガク

赤べこが
首を振るみたく
なるのです

akabeko.png



だから
なるべく
興奮させないように

そっと
ゆっくり





この
病とは

これから
長い
付き合いに
なりそうです

maro161004.jpg



これからも
ゆっくり
がんばるでー


一番星

2016.10.02 23:01|はっちゃん

ずいぶん
日が暮れるのが
早くなったな、と

夕方のまろさんと
一緒に歩いてて
思った


確か
1週間前の
今頃は
まだ
明るかったのにな


先週

はっちゃんは
荼毘に付し

小さな骨壷に
はいって

また
おうちに
帰ってきました


はっちゃんの
骨は
しっかり
きれいに
ちゃんと
残って

肩甲骨が
天使の羽
みたいだった


それまで
ずっと
雨が続いて

それが

あの朝

ぱぁっと
晴れて

お日様が
さしたとき


「秋晴れの日に
また
抱っこ散歩しようね」


毎日
語りかけていた

私の
お願いを
かなえてくれた
みたいだった


斎場に入る前に
係りの方に

少しだけ
時間を下さい、と
お願いして


お気に入りの
ブルーのベットに
横たわった
あなたを抱いて

いっしょに
歩いた


本当に
透き通るような
きれいな
空だった




あの日の空



今日
まろさんと
見上げた
茜空に

久しぶりに
一番星を
見つけて

なんだか
うれしくなって

空にむかって
ありがとう




お散歩に
連れ出してくれて

今日しか見れない
この
景色を
見せてくれて

まろさん
ありがとう



真白な時間

2016.10.01 20:27|つぶやき


カレンダーを
めくっていないことに
気が付いて

もう
10月なんだ

ぽつんと
思った

今年に入って
カレンダーを
めくるとき

よしっ


過ごせた月と
迎える月に
気合を入れてた

それは
ある意味
覚悟に
近くて

心臓病が
すすんだ

はっちゃん


どのくらい

一緒に
いられるだろう

だから
大切に
しなければ

そんな
想いで
ここまできた



今年の
カレンダー

あと
3枚だったな


9月のページ
はっちゃんの
往診日や
薬のこと
体調のこと
たくさん
書き込みしてあって


10月
真っ白な
ページ


すこしだけ
切なくなる

でも

これから
まろさんとの
ふたりきりの
時間を

大切にしよう

それは

当たり前のこと
ではなく

神様が
くれた

特別な時間
なのだから

はっちゃんが
おしえてくれた

かけがえのない
時間なのだから

maro&hachi
| 2016.10 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ましゅまろ

Author:ましゅまろ
会いに来てくださって
ありがとうございます。

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

カウンター

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。